財団の概要

目的及び事業

この法人は、大分県立総合文化センター及び県立美術館を拠点として、県民の幅広い欲求に応えられる多様な文化事業やスポーツの振興に関する事業を実施するとともに、県民と外国人の相互理解と友好親善の増進に努め、もって潤いのある県民生活の創造と健やかで個性ある地域づくりに寄与することを目的として、次の事業を行う。

(公益目的事業)

  1. 大分県立総合文化センター及び県立美術館を拠点とした芸術文化振興事業
  2. 県民と外国人の相互理解と友好親善を図るための国際交流事業
  3. 県民のスポーツ意識の向上と多様な交流の場の創出を目的としたスポーツの振興に関する事業
  4. 地域活性化を図るための事業
  5. その他この法人の目的を達成するために必要な事業

(収益目的事業)

  1. 公益目的事業以外の施設提供事業及び駐車場運営事業
  2. その他公益目的事業の推進に資する事業

(「公益財団法人大分県芸術文化スポーツ振興財団定款」より)

沿革

平成8年2月14日 財団法人大分県文化振興財団設立許可(基本財産1億円)
【平成10年9月1日 大分県立総合文化センター開館】
平成11年3月31日 文化事業基金造成(5億円)
平成17年4月1日 財団法人大分スポパーク21及び財団法人大分県国際交流センターと合併し、財団法人大分県文化スポーツ振興財団となる。ビッグアイ活用促進基金(1億6,712万5千円)及び国際交流推進基金(5億円)を引き継ぐ。
平成17年9月9日 財団法人大分スポパーク21の清算に伴う残余財産(3千万円)を基本財産に繰り入れる(基本財産1億3千万円)。
平成17年12月22日 大分県立総合文化センター(iichiko総合文化センター)の指定管理者に指定される。
平成21年1月15日 引き続き、大分県立総合文化センター(iichiko総合文化センター)の指定管理者に指定される。
平成25年4月1日 公益財団法人大分県芸術文化スポーツ振興財団に移行する。
平成25年7月11日 大分県立総合文化センター(iichiko総合文化センター)及び県立美術館の指定管理者に指定される。

組織

PAGE TOP